銀行のカードローンの特徴について

銀行を代表とする様々な金融機関ではカードローンと呼ばれる商品が提供されています。この商品は従来型のローンに比べて比較的簡単な仕組みで融資を受けることができると言う点が魅力的な金融サービスとして注目されています。専用のローンカードを利用していつでも好きなときにお金を借りたり返したりすることができると言う点がユーザーにとって利便性が高いと言う評価を集めているのです。多少金利が高いという特徴があるものの、このカードローンの使いやすい仕組みが非常に人気は多くの金融機関が同じサービスを提供するようになってきています。サービス業者によって詳細は異なるものの、簡単な工程で手軽に融資を受けることができると言う魅力的なサービスとして広く普及する金融商品となって来ています。銀行以外にも消費者金融やクレジットカードの付帯機能としても利用することができるようになってきており、多くの人が子の恩恵を受けることができる仕組みが整えられつつあります。

しかしながらこれらのサービスの中で銀行のカードローンはやや特殊な位置づけとなります。銀行のカードローンは銀行法の規制を受ける形でサービスを提供していますが、それ以外のカードローンは多くの場合貸金業法の規制を受ける形でのサービス提供となります。そのため銀行以外のカードローンの場合には総量規制と呼ばれる法律の枠組みの中でサービスを提供しなければならないと言うルールが敷かれています。それは年収の3分の1以上の貸し付けを禁止すると言う明確な基準によるものなのです。一方銀行のカードローンの場合にはそのような規制が存在していませんので、銀行が独自に定める基準に従って多くのお金を貸し付けることができる仕組みが整っています。もともと住宅ローンなどのように年収を大きく上回るお金を融資する場合もあるサービスを提供しているため年収ではなく信用で判断するという仕組みになっているのです。そのため収入にかかわらずに契約して融資を受けることができると言う魅力を持つサービスとして知られるようになってきました。